ますみの看護師あるあるで学ぶ笑いの秘訣

あなたが職場や日常生活で笑いのネタに困らなくなる、ますみさんの看護師あるあるをご紹介します!

この記事では、かつて看護師として働きながらお笑いの世界で活躍したますみさんのエピソードや、芸人としてのキャリアを学び、ますみさんが経験した驚くべき看護師エピソードもご紹介します。

さらに、ますみさんがYouTubeで大人気の看護師あるある動画の創作過程や理由をお話していきます。

いくつかの投票を元に選び抜かれた看護師あるあるランキングもお楽しみに!

ますみさんのこれからの活躍や看護師あるあるの総括もお見逃しなく。この記事を読めば、あなたもますみさんのファンになること間違いなし!では、さっそく内容をご覧ください。

スポンサーリンク

天才ピアニストますみの元看護師エピソード

芸人天才ピアニストのますみさんですが、実は彼女は元看護士でもあるんです。看護師あるあるで人気ですが、その経歴は医療現場からスタートしています。

ますみさんは看護師時代に培った人間力やコミュニケーション能力が現在の仕事にも活かされていることでしょう。彼女の公式YouTubeの天才ピアニスト公式チャンネルでは、芸人としての姿だけでなく、元看護師としてのエピソードを聞くことができます。ますみの看護師時代、彼女はどのような活躍をしていたのでしょうか。きっと、様々な感動的なエピソードがあるはずです。

看護師から芸人になった驚きの理由

ますみさんは看護師の専門学校を卒業しすぐに病院に就職しています。その病院では消化器系と脳神経外科で6年勤めたある日ふと、お笑い芸人になりたい、と思い主任候補になっていたのに退職します。そしてNSCに入りました。

そう、芸人になろうと決めた理由は「なんとなく」だったそうです。思い立ったら吉日、を実現したますみさんの行動力には脱帽しますね。

芸人と看護師の2足のわらじ

2015年にNSC入りしお笑いを学びながら、2019年まで病棟夜勤と健康診断のアルバイトを続けたいました。芸人の仕事と両立するために、看護師の仕事は週に1回。でも、急な勤務変更が多くて周りのスタッフにはよく迷惑をかけていたと。それでも理解のある先輩、同期、後輩の方たちの協力があって芸人との両立は成り立っていきました。このエピソードでもわかるように、温かい職場で、優しい同僚に囲まれていた事がわかりますね。自分も病気の時はそんな病院にお世話になりたいです。

自粛期間に復職していた

2019年に医療現場を退職し、お笑い芸人として活動していたますみさん。その翌年に全世界を襲った流行性ウイルスの影響で対面式のライブや営業は全てキャンセルでした。そんな中、看護師が足りないとのニュースをテレビで知ります。もちろん住んでいる大阪でも看護師不足は深刻な問題になっていて、ますみさんは即、看護協会に電話しコロナ陽性者の患者を受け入れてるホテルで勤務していました。この時の心境を「看護士が足りないことを知って、自分から看護協会に電話しました。PCR検査の際には、防護服着て。大変でした」「看護師より、ホテルの方たちが大変だと思いました」このようにスポニチの取材で答えていました。

当時、テレビでは医療従事者の数が患者数に大幅に足りないと連日報道され、SNSでは疲弊した看護師さんたちの「もう辛い」「疲れた、行きたくない」などのつぶやきで溢れていました。そんな状況で自分から志願して行かれたますみさんの人間性や、その人柄が滲み出ている出来事ですね。

スポンサーリンク

ますみが語る看護師あるあるエピソード

ますみさんが語る看護師あるあるエピソードは、彼女の元気で明るい話術により、聞く人の心を楽しませるものがたくさんあります。看護師時代の様々な仕事や苦労、時には滑稽な出来事を交えて、ますみさんが語る看護士あるあるエピソードは、聞く人に思わず笑みがこぼれること間違いなしです。

「ヒモ男にモテがち」看護師の意外な恋愛事情

ますみさんが明かす看護師の意外な恋愛事情、「ヒモ男にモテがち」というエピソードも興味深いものがあります。その理由として、看護師は一般的に安定した収入があり、頼りがいのある女性であるため、ヒモ男たちに狙われやすいのだとか。これによって、ますみ自身もかつてはヒモ男にモテた経験があるそうです。

「おしっこは管から出ているから大丈夫!って100回は言っている」

これは手術をした事がある人なら分かる経験ですね。術後なぜか尿意を感じてしまいトイレに行きたいと患者さんから訴えられた時はこう返しているという。その後も管が入っているのもかかわらず数回聞いてくる患者さんもいるらしいです。

「夜勤の時のワゴンはほぼ歩行器」

夜勤は本当に疲れるから分かる、と現役の看護師さんからの声が多かったあるあるです。動画では❞はぁ、、しんど、、❞とワゴンに体重を乗せて歩く姿が本当にしんどそうで、私たちが快適に入院生活をおくる為に頑張ってくれている看護師さんたちは、本当に感謝の言葉しかありませんね。

「若手ナースの夜勤明け寝ずに遠出します自慢とベテランナースの体力なくなったわ自虐」

いや~面白いですね!これは医療業界以外にもよく聞く会話です。その若い看護師さんも経験を重ねていけば、いづれベテランと呼ばれ同じように体力なくなった自虐を語るのでしょう。

その他の看護師あるあるランキング

看護師の仕事には、共感できるエピソードがたくさんあります。今回は、看護師あるあるランキングをご紹介します。

– 1位: 看護師が持つ強い胃袋。患者さんの様々な状況に耐えられる心と胃袋が必要です。

– 2位: 休憩時間がきちんと取れないことが多い。急変や緊急の対応が必要な場合、休憩を削ることもあります。

– 3位: “あの看護師、なんて名前だっけ…?” 名前を覚えるのが難しいことがある。

– 4位: 職場での恋愛が難しい。多忙なスケジュールや環境の中で、恋愛を進展させるのが困難であることが多いです。

– 5位: 休みの日は家にこもりがち。仕事で疲れた体を休めるため、外出する元気がなくなることがあります。

いかがでしたか?看護師の皆さんにあるあるだと感じるエピソードがランクインしたでしょうか。

視聴者投票で選んだ看護師あるある上位5選

視聴者の皆さんから寄せられた投票で選ばれた、看護師あるある上位5選を発表します!

1. 患者さんに頼まれたお願いは、できるだけ叶えようとする。

2. 病院の中では迷路のようで、新人は道に迷いがち。

3. お祝いやお見舞いには、病院の花束が定番。

4. 病院食が美味しいと、地域の人たちに評判になることがある。

5. たくさんの患者さんと接する中で、素敵な出会いや感動的なエピソードに出会う。

これらのエピソードに共感できる看護師の皆さんも多いのではないでしょうか?

ますみさん自身のお気に入りあるあるエピソード

ますみさんが特に思い出深いあるあるエピソードは、患者さんの赤ちゃんが泣いているときに、一緒に泣いてしまうことです。また、仕事中に笑顔を絶やさないよう心掛けていることも、ますみさんのお気に入りエピソードのひとつです。

スポンサーリンク

ますみさんのこれからと看護師あるある総括

今後もますみさんは看護師ネタを続けていきます。これからも皆さんと一緒に、看護師あるあるを楽しんでいくつもりです。ますみが発信する新しい投稿や話題をお楽しみにお待ちください。そして、今後もますみさんを応援していただけると幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました