お笑い芸人・滝音の魅力は?癖になる言い回しと芸風が良い!

みなさんはお笑い芸人・滝音をご存じでしょうか?これから売れるだろう芸人として名前が良く出るコンビです。漫才を得意としていますがコントも面白いです。今回は滝音のお二人についてお話していこうと思います!

スポンサーリンク

芸人滝音

プロフィール

さすけ。本名・砂土原磋亮 1990年3月7日大分県大分市出身。身長177cm 体重73kg。大阪大学人間科学部卒業。

既婚者で2児のパパ。TIMのレッド吉田のギャグが好きでお笑いに興味を持つ。

一人称は「あたし」、他人を呼ぶときは「あーた」。ちなみに、2019年に吉本工業のお笑い芸人で結成したバンドでキーボードを担当した時の名前は「あたし」

秋定遼太郎(本名。同じ) 1987年10月29日兵庫県神戸市出身。身長185cm 体重65kg。神戸学院大学人文学部卒業。

学生時代はバスケ部に所属していて、中学ではキャプテンを務めていました。

高校生の時は中学校の先生を目指していましたが、「踊る!さんま大御殿‼」に自分がひな壇の隅っこに座ってる夢を見て、将来芸人になりたいと思ったそうです。

出会いと結成

コンビ解散したばかりの相方・さすけさんが、以前に秋定さんから「コンビ組みたいけど誘われへんな~」と言われたことを思い出し連絡したそうです。同時期に解散した秋定さんにSNSのDMで「LINEのIDもろてもよろしいですか?さすがにそれはエロいか」と送ったのだとか。それがきっかけで2016年2月24日に結成したそうです。

甲高い声のさすけさんと、飄々とした感じの秋定さんのバランスがウケています。

コンビ名の由来

コンビ名は秋定さんが命名。意味は音速の仮想粒子の「タキオン」を「滝の音」と書くのがカッコいいと思って前から考えていたものを、さすけさんと話した時に、さも今思いついたように提案したんだそうです。

お互いの好きなところ

秋定さんはさすけさんの事を、時間を無駄にしない、お笑いのために頑張るところがエライ、ワードセンスが凄いと評価しており、さすけさんは秋定さんの事を、即興芸が凄い、テレビに出たくて頑張ってるところが好き、コンビバランスとしてありがたいと評価しています。

スポンサーリンク

賞レース出場歴

M-1グランプリ

2016年 3回戦敗退

2017年 3回戦敗退

2018年 3回戦敗退

2019年 準々決勝進出

2020年 準決勝進出

2021年 準決勝進出

2022年 準々決勝進出

キングオブコント

2018年 準決勝進出

2019年 準々決勝進出

2020年 決勝8位

2021年 準決勝進出

2022年 準々決勝進出

2023年 準決勝進出

ABCお笑いグランプリ 決勝進出

いいところまでいっています!おしい!今年こそはM-1グランプリで決勝に行って欲しいですね!

スポンサーリンク

秋定遼太郎・熱すぎるオリックス愛

小学生からずっと好き

オリックス・ブルーウェーブ時代からのファンだという秋定さん。グリーンスタジアム神戸が本拠地だったこともあって、小学校の時から配られる無料観戦チケットで良く観戦観戦、自然にファンになりました。当時のオリックスはイチロー選手が大活躍していた時代で、とにかく強かったですよね。そのうちイチロー選手が大リーグに行ったり、チームに何かあったりで子供たちが離れていっても大好きは変わらなかったそうです。

勝利をずっと信じて応援

ダイエー(現・ソフトバンク)と勝負して29対1なんて試合を見て落ち込んでも、来年こそはという一縷の望みを託して応援し続けているそう。また、すっかり負け慣れしるので、負けの中でもシングルヒットきた!いいスイングした!と喜んでると話していました。

週刊芸人で秋定さんはタイガースとオリックスのファンの違いを次のように語っていました。

「よく『阪神タイガースも一緒やで』とか言われたりするんですけど、ちょっと違うとおもいます。阪神ファンはどっか心に余裕があるんです。彼らはハッピ着て甲子園行くでしょ、そして勝っても負けてもそのままの姿で、甲子園から阪神電車やJRに乗って帰る」

「オリックスファンは球場までは私服、そして現場でハッピやユニフォームを着る。そして球場出たら、全員脱ぐんですよ! オリックスファンということをバレたくないというか、沿線に潜む阪神ファンに見つかりたくないというか……例えるならユニバーサル・スタジオ・ジャパンやディズニーランドでおっさんたちがマリオの帽子かぶったり、ミッキーのカチューシャしてるけど、テーマパーク出たらハズす感じに近いかも」

オリックス大好きな秋定さんの夢は「始球式」で投げる事だそうです。

いつか始球式に呼ばれるくらいビッグになって欲しいですね!

スポンサーリンク

さすけの才能と奥さん

ベイビーワード

滝音の漫才は所々に「ベイビーワード」と呼ばれるツッコミが入っています。漫才のツッコミでのさすけさんの言葉選びが秀逸と話題になっていました。それに対して秋定さんが適当に返す、まで含めて笑ってしまうのが滝音の漫才です。

この「ベイビーワード」が癖になるほど面白いんです。どんなものなのか実際に見てみましょう。

(ベイビーワードとは:古舘伊知郎を彷彿とさせる過激な適語の数々・らしいです・笑)

「逆転満塁サヨナラ事故物件」

「こじらせファンタジスタ」

「ネバーエンディングほら話」

「業務用キティちゃん」

「お悔み危機一髪」

「ポジティブおばけ」

「オブラートが分厚すぎ」

一部抜粋ですが結構な破壊力でした。もっともっと面白いワードがたくさんあるので、是非YouTubeの「よしもと漫才劇場チャンネル」の滝音をご覧ください!

さすけさんの奥さん

さすけさんは2014年7月にご結婚されています。奥さんの名前はさやかさん。年齢は非公開です。お子さんは二人で第一子が女の子、続いて男の子を出産なさっています。

実は以前、奥様はテレビ番組に出演されていた事がありたいへん可愛らしい方でした。この奥様が凄い方で、それはさすけさんが「月収0円」だった頃の話。その時さすけさんがバイトで稼いできた少ないお金をやりくりして支えたそうです。この時からさやかさんは倹約家で何とか乗り切ったそうです。

きっかけは奥さん

一人称の「あたし」は奥さんに「オレ」と呼ぶことを咎められ変更し「ボク」に。25歳を過ぎて「ボク」は気持ち悪いとのことから「私」、そこから転じて「あたし」となりました。これを間近で毎日聞いていた娘さんが自分の事を「あっし」と呼び始まてしまったとか。まあ、女の子なら問題はないでしょう。

仲好し家族

さすけさんは自分のSNSに頻繁に家族の写真をとうこうしています。娘さんの写真に生まれた息子さんの写真、奥さんとの写真や家族での写真。とても良いご家族の印象があります。しかし、奥さんとのメッセージのやり取りが面白いんです。

「嫁と出会ってこれまでの中で1番口悪い。逆鱗は水ですた。」

嫁・おい!おい!

嫁・おい!お前!!!

さ・はい

嫁・水持ってったんか?

嫁・冷蔵庫の水

嫁・持ってったんか?

さ・はい

さ・すんません

嫁・てめぇで飲みたきゃ

てめぇで冷やせ

嫁・あ?

検索すると「さすけ 嫁 怖い」と出てくるのはコレが原因かな?でも他のやり取りはこんなに攻撃的ではないので、このやり取りは、さすけさんが勝手に最後に1本の冷えた水を持って行ったのが悪いです。でもこんなやり取りができるのも、それをSNSに載せれるのも仲が良い証拠ですね。

スポンサーリンク

芸人滝音のいろいろ・まとめ

今年こそは、と毎年言われる滝音の2人。今年・2023年のキングオブコントでは準決勝敗退でした。しかし年末に迫っているM-1が残っています。念願の決勝進出となるか、楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました