食べるの大好き!バナナマン日村・運命の番組「せっかくグルメ」との出会い

黄色い上着にオーバーオール、背中に麦わら帽子の太った男性が美味しそうにご飯を食べる番組。

みなさんコレは何のテレビ番組でしょうか?

そうです!「バナナマンのせっかくグルメ」です!

大人気のこの番組、知っている方のほうが多いと思います。今回はこの番組で活躍している日村さんについて取り上げたいと思います!

スポンサーリンク

バナナマン日村勇紀の食の旅

ホンジャマカの石塚さんしかり、彦摩呂さんしかり、昔から大柄な男性芸人が美味しそうに食べる番組はどれも人気でした。そして今、愛される”食べる”キャラクターはバナナマンの日村さんですよね。

そんな彼にピッタリの番組が「バナナマンのせっかくグルメ」です。

日村さんが訪れた都道府県

「せっかくグルメ」は2014年6月28日にスタートした、日本全国のおいしい「地元メシ」を紹介するグルメバラエティ番組です。❞せっかく☓☓に来たんだから〇〇を食べていきなさい❞と書かれているプレートを地元の人に持ってもらい、☓☓に地名、〇〇に食べ物の名前を入れて方言で紹介してもらって食べに行くという企画もの。

レギュラー放送とスペシャル放送を長年続けてきた「地元メシ」コーナーは、なんと全国47都道府県を制覇しています。

日曜の憂鬱を吹き飛ばす食べっぷり

毎週曜日の夕方は、明日から1週間が始まる実感が1番湧いてくる時間帯。一昔前は「サザエさん症候群」などの言葉がはやったほど、気持ちが落ちてしまう人が多いのだとか。そんな日曜の19:00から放送のこの番組ですが、視聴率も好調なようです。TBSの番組審議会議事録でも、委員の方たちの反応はとても良くコメントを一部抜粋すると

・「日曜の夕方というと憂鬱な気分になるサラリーマンも多いが、そういう中で、おいしい食べ物と地方の素朴な人たちがたくさん出てくる番組は、とてもほっこりしていい。バナナマンの2人はやっぱりファミリー層をターゲットにした日曜の番組にぴったり」

・「この番組は、うんちくを紹介する、とか、講釈する、とかいう要素が一切なしに、おいしいものを食べて楽しいね、それだけで押し通すという潔さがポイント。日村さんが「俺はおいしいと思っている」ということを身体で表現し、それを見ている人が幸せになる。そこがうまくいっていると思う」

(2006年の調査結果)

と、番組開始当時の意見ですが、とても好評でした。

最近の視聴者の声はゲストにもよりますが、こちらも好評のようです。

日村さんの食べる姿が大好評

細い眼をもっと細めて大きな口を開け、通常より多い食べ物をパクリと食べる日村さん。見ただけでそうお腹がすいてしまうくらい美味しそうに食べる姿は、本当に素晴らしいパフォーマーですね。ラーメンを食べるときの麺を吸い込むスピードも凄いんです。そして食べるのがとても早くて奇麗。次世代の食べる芸人は間違いなく日村さんでしょう。

スポンサーリンク

第3期第1シリーズの放送開始時の苦悩

スタジオ収録で対応

2020年4月に日曜のゴールデン枠でスタートしましたが、この時期からウイルスの感染が拡大し、通常のロケができなくなりました。感染対策でロケができない状況は絶望的で、これらを打開するために生み出されたのが「日村ロボ」だったのです。

日村さんをデフォルメした巨大ロボをロケ先の駅前や公園に設置し、胸の部分にある画面に話しかける町の人と、別会場にいる日村さんがリモートでやりとり。

「総合演出の平野亮一氏は『日村さんが街の人と話してグルメを紹介してもらうというベースを

保つことができた。大きな発明でしたね』と振り返る。」(スポニチAnnexより)

番組では小さな子供からお年寄りまで、皆さん楽しそうに参加していたのが印象的でした。

経営困難も救ったお取り寄せ

最初のクールでは緊急事態宣言真っ只中で過去の映像を編集し、そこにお取り寄せ情報も折り込み紹介。結果は大反響。以前訪れたお店のロケ風景を映し、そのすぐ後にお取り寄せを紹介したので注文が殺到したそうです。

日村さんが美味しそうに食べている姿を映してからの商品紹介、そんなの食べたくなるに決まってますよね。時期的に苦しかった飲食店を(一部ですが)救う形になりました。

この時の事を上記の平野さんは「恩返しできた」と話されていました。

スポンサーリンク

せっかくグルメは一切の仕込みなし

よくネットでは「絶対残してる」や「お店を番組が選んでる」などの噂が出ていますが、真相はどうなんでしょうか?

これについても平野さんが答えていました。

行先や日村さんの食べ物の好みは?

基本的にロケ地は数日前に日村さんに告げるそう。日村さんの希望は一切入ってないし、偏りが無いように調整してるそうです。食べ物に関しては❞地元の方におススメしてもらったグルメを食べる❞というコンセプトを大切にしているので、こちらも日村さんの希望は一切はいってないと話しています。なのでお店が閉まっていたり、取材NGだったりするハプニングも放送しているんだとか。ちなみにNGの場合、紹介してくれた人に再度連絡を取って一緒に再交渉してもらう場面もあるんです。

お店は100%行く

そして教えて頂いたお店はジャッジなしで行くんだそう。お魚が美味しい場所なのに町中華、お肉が有名な場所なのにラーメンとか、よくありますよね。これも仕込みがない証拠です。

本当に完食している?

基本、日村さんは普通に完食するんだそう。でも食べきれなかった場合でもスタッフが取り分けて完食していると。基本的に残すことは絶対にせず、全て食べきって帰る事を心がけています。さすが食を題材にしている番組ですね。

スポンサーリンク

日村さんの食に関するエピソード

テレビ番組「せっかくグルメ」に関する記事を紹介してきましたが、ここからはほかの番組や普段の日村さんのエピソードをご紹介していきましょう。

嫌いな食べ物を克服

相方の設楽さんは赤飯が嫌いでした。司会を務めている「ノンストップ!」が11年目に突入し、設楽さんは赤飯を振る舞ったそうで「あの赤飯、メチャクチャうまかった。僕ら記念のときに差し入れするどら焼きとかを買ったりする和菓子屋さんがあって。そこのお赤飯をのしつけて」と満足げに話しました。

でも設楽さんは子供の頃に親がもらってくる赤飯が「カチカチになってて。あんま味もなくて硬くて。豆が入ってる飯とかあんまり好きじゃなかった」「お赤飯=あんまりおいしくないもの」だったそう。

しかし「日村さんが、おにぎりとかお赤飯とか好きって言って。日村さんは白いご飯より色ついたのが好きって」「そんなにうまそうに食うからさ、近くの人がうまそうに食ってるとうまいのかなと思って、それをレンジでね、レンジアップして。それにごま塩かけてさ、かかってるけど、プラスのごま塩で。食ったらメチャクチャうまかった」

「それでおいしいという認識になってたけど、その中でもこないだ食ったやつはメチャクチャうまいの」と嬉しそうに話していました。

日村家のホームパーティー

次はハライチの岩井さんが日村さんの家にお呼ばれした時の話です。

それは日村家でのハロウィンパーティー。日村夫婦をホストに、岩井、土田晃之など計8人の芸人が参加しました。

そこでは大皿のサラダを奥さんの神田愛花さんから何回も出され、岩井さんたちは「またサラダ!?」と言いながら食べ、さらには100個のベーコン巻き、ハンバーグなど肉類の数々も運ばれてきたそう。最後は神田さんがが「ハロウィンなので、みんなで『スリラー』を踊りましょう!」と提案し、平均年齢50歳の男女が夜11時、テレビで流れるマイケル・ジャクソンの同曲のMVを見ながら、みんなで踊ったそうです。

これについて日村さんは、「そんなに出たかなサラダ…」と考えていましたが「『まだ出すんだ』とは思った」のは覚えているそう。

また、スリラーについては実際に日村さんがスマホで撮っていたようで証拠映像を、設楽さんと一緒に確認。

途中までは日村夫妻だけが盛り上がり、他のメンバーは座っていたり、腕組みしていたという。

最後はようやく全員で踊っていましたが、日村さんは「みんなの本心(楽しかったのか)は分からないけど…」と言っていました。

スポンサーリンク

人気番組と日村さんの私生活エピソード・まとめ

今回は日村さんについていろいろと調べてみましたが、大変面白かったです!もともと食べっぷりが大好きな芸人さんでしたが、さらに好感触です。「せっかくグルメ」の打ち切りの噂も出てきていますが、できればこのまま毎週日曜日の楽しみとして見ていきたいので、終わらないことを願いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました